精密かつリアルな航空機・車両・艦船などの部隊マークやシルエットのステッカーを制作・販売。
ホーム カッティングシール > 航空自衛隊・部隊マークシリーズ
商品一覧
カッティングシール > 航空自衛隊・部隊マークシリーズ
商品並び替え:

航空自衛隊の各部隊マークを、シルエット調デザインで忠実に再現。
さりげなく「個」を主張する大人のアイテムです。
登録アイテム数: 37件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
南西航空混成団・支援飛行班

南西航空混成団・支援飛行班
[CT-swsf]

740円
那覇基地に所在する南西航空混成団・第83航空隊隷下にあり、 混成団司令部の支援・連絡を行う飛行班。 トレードマークは琉球の魔除け獅子「シーサー」 絵柄は機体尾翼に描かれているマークを忠実にト…
総支飛(尾翼マーク)

総支飛(尾翼マーク)
[CT-HFG]

230円
全国の航空自衛隊基地でもおなじみの、 入間基地に配置されている航空総隊司令部支援飛行隊です。 部隊マークは、北部・中部・西部の各航空方面隊を表す三色のシェブロンと 「飛」を意味するカタカナの「ヒ…
総支飛(エンブレム)

総支飛(エンブレム)
[CT-HFGe]

310円
全国の航空自衛隊基地でもおなじみの、航空総隊司令部支援飛行隊です。 このマークは隊本部の「RAINBOW MONSTER」を図案化しています。 絵柄は隊の看板に描かれているマークを忠実にトレー…
北部航空方面隊・支援飛行班

北部航空方面隊・支援飛行班

260円
航空自衛隊・北部航空方面隊司令部が置かれている青森県は三沢基地。 支援飛行隊はこの三沢基地の第3空団の隷下にあり、マークも3空団のが使われているようです。 数字の「3」と下北半島を組合わせたデザイ…
無人機運用隊

無人機運用隊
[CT-UFS]

260円
人知れず遠く硫黄島の地で活動していた、 硫黄島基地隊/無人機運用隊のマーク。 基地隊マークの「サソリ」に、南十字星をあしらっています。 現役を退いたF-104Jに遠隔操縦システムを組込んだ …
偵察航空隊

偵察航空隊
[CT-501]

260円
「見敵必撮」の言葉でおなじみ 偵察専用RF-4Eファントムを駆って 全国の大規模災害の被災状況撮影などにも活躍している 百里基地に陣を置く航空総隊直轄の偵察航空隊。 有名な武田信玄の川中島…
飛行点検隊

飛行点検隊
[CT-FCSQ]

310円
入間基地をベースに、YS-11とU-125を駆って日本全国の空港・基地に展開し、 航空保安施設、管制装置なとの点検を任務とする空自唯一の飛行隊。 そんな部隊マークはずばり「チェックメイト」。 機…
飛行開発実験団

飛行開発実験団
[CT-ADTW]

230円
岐阜基地で、航空自衛隊の装備品の運用前の試験・検証を専門に行なっている部隊。 衝撃波と人工衛星の軌道を模したこのマークは実験航空隊時代に制定され、航空実験団から飛行開発実験団に改編の際に「APW」の…
飛行教導隊

飛行教導隊
[CT-AGR]

260円
最新の戦闘方式と武器装備を常に研究・習熟し、全国の飛行部隊に巡回教導を行なう教官で編成された航空総隊司令官直轄の部隊。 部隊マークの「コブラ」は必殺の毒、高い知能、「背中の眼」模様の如く背後の警戒も…
第3飛行隊

第3飛行隊
[CT-3]

400円
青森・三沢基地の支援戦闘機部隊といえばおなじみのこのマーク。 F-1支援戦闘機の退役に伴って後任のF-2戦闘機に機種更新した後も、 このF-1時代にデザインされた「兜武者」のマークは引き継がれてい…
第6飛行隊

第6飛行隊
[CT-6]

260円
1959年・新田原基地での部隊創設時、 基地の北方にある高千穂の峰の「天の逆鉾」と、「神武東征神話の弓」に因んでデザインされた、第6飛行隊のマークです。 絵柄は機体尾翼に描かれているマークを忠実に…
第8飛行隊

第8飛行隊
[CT-8]

260円
三沢基地で対空支援の任務に就く第8飛行隊。 第3飛行隊とともにF-86時代から歴史があり、F-1戦闘機への機種更新の際に、コールサイン「パンサー」に変更されたのに因んで現在の「黒豹」に。 …
第202飛行隊

第202飛行隊
[CT-202]

310円
F-104での部隊創設以来、長らく新田原基地の顔として活躍していた 第202飛行隊のトレードマーク「武人埴輪」です。 残念ながら2000年10月に部隊は解散されましたが、 F-15パイロットの教…
第203飛行隊

第203飛行隊
[CT-203]

260円
北海道は千歳基地をベースとする第203飛行隊は、 愛嬌あるヒグマの絵柄でおなじみの部隊。 「203」を象った背景とパンダのようにも見える白いヒグマのお腹には 第2航空団を示す赤い星が二つ。 …
第204飛行隊(7空団仕様)

第204飛行隊(7空団仕様)
[CT-204]

310円
かつて百里基地をベースとして第7航空団隷下にあった頃の204飛行隊のイーグルヘッドのマークです。7本の「たてがみ」が、7空団を表わしています。 302飛行隊との配置転換により、 現在は那覇基地…
第204飛行隊(第83航空隊仕様)

第204飛行隊(第83航空隊仕様)
[CT-204n]

310円
2009年1月、長きに渡って首都防空の要を担っていた第204飛行隊は、 南西空域の防衛強化のため那覇基地へ移転配備となり、 南西航空混成団・第83航空隊隷下に編入されました。 百里基地時代は…
第301飛行隊

第301飛行隊
[CT-301]

230円
現在、新田原基地唯一のTAC部隊。 トレードマークの「スカーフを巻いたカエル」は、発足当時のベース「百里基地」の傍にある筑波山に生息するガマガエルに因んだもので、<必ず帰ってくる>の意味が込められて…
第301飛行隊(旧7空団仕様)

第301飛行隊(旧7空団仕様)
[CT-301o]

230円
第7航空団隷下部隊として1973年に百里基地で編成され、 1985年には現在の第5航空団・新田原基地に異動しています。 トレードマークの「スカーフを巻いたカエル」は近くの筑波山に生息するガマガ…
第302飛行隊

第302飛行隊
[CT-302]

450円
1974年、冷戦下の北方空域監視の精鋭として全国から腕利きパイロットを集めて編成された部隊で、北海道に生息する「尾白鷲」と「302」を組合わせたデザインは1975年9月25日に制定され、30年以上が経…
第303飛行隊

第303飛行隊
[CT-303]

310円
小松基地は第6航空団に所属する2つのF-15部隊の1つ。 このマークは第303飛行隊の前身である第4飛行隊のコールサイン「ドラゴン」をモチーフに、同隊の伝統を受け継ぎ「平和と安全を守る意気を表現して…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス